なっつるんの英語塾!

大人の英語学習をサポートします。

ネイティブキャンプ体験記!料金は?退会方法は?徹底解説!

オンライン英会話は、定額で24時間365日授業が受け放題ネイティブキャンプが今アツい!
でも具体的な料金は?退会しにくかったりしない?講師の質はどうなの?
そんな疑問に、実際に体験した著者が答えます!

 

ネイティブキャンプのシステム

f:id:nattsurun:20210226151539j:plain

ネイティブキャンプは、月額6480円でいくらでも授業が受け放題。しかも追加で1980円払えば、家族も受け放題!
基本的には、予約も不要で、思い立ったらすぐ授業が始められます。

ただし、お気に入りの講師の授業を受けたい場合や、カランメソッドを受けたい場合は、予約が必要で、予約は有料です。

予約はコイン制で、1コイン=1円ですが、入会時に5000コインもらえて、そのコインは退会しても消えません!非ネイティブ講師はレッスン1回100コイン、ネイティブ講師は500コインかかります。

入会時にクレジットカードの登録が必要なシステムですが、退会は非常にスムーズで、前日までに退会申請ページから申請すると、問題なく退会出来ました。

 

日本人カウンセラーによる手厚いカウンセリング

f:id:nattsurun:20210226152509j:plain

オンライン英会話スクールにおいて、これは重視しておきたいポイントです。
私の場合、ネイティブキャンプが初めてのオンライン英会話体験で、何から始めていいかわからなかったのですが、非常に適切なアドバイスをいただきました。

「最終的にはビジネスの場で通用する英語力をつけたいけど、まずは英会話力のリハビリをしたい……」というのが私のオーダーだったのですが、

「ビジネス英語は単語を身に着ければ自然と覚えられるから、会話力を磨くとよい」

というアドバイスを受けました、

そして、どのレッスンを受ければいいか、具体的に提示してくださったので、とても助かりました。

私が勧められたのは、例えば「男女平等」や「結婚」などの話題に対して意見を言う「トピックトーク」、新聞記事を見て意見を言う「デイリーニュース」、そして一般的な表現力を磨く「スピーキング」です。

講師の質は?教材の質は?

f:id:nattsurun:20210226161347j:plain

講師の質は、良い評判も悪い評判も聞きますが、私としては、ほどほどかなと思いました。
予約画面には、講師の授業回数と評価が表示されるので、それを参考にすれば、悪い講師に当たるのは防げると思います。
フィリピン人講師が多いので、リスニング力の衰えている私には、何を言われているのか聞き取りにくいことがたまにあったぐらいでした。

教材の質も、特別良くもなく悪くもなく、という印象でした。

 

おまけ:カランメソッドをガンガン受けたいならネイティブキャンプ!

f:id:nattsurun:20210226161544j:plain

カランメソッドは、継続してガンガン受けることが成功のカギです。
1か月に4回、とか8回、のスクールでは、カランメソッドの効果が半減してしまいます。
ネイティブキャンプなら、1日に1回と言わず、2回以上受けることも可能です!(ただし、カランメソッドはどっと疲れるので、体力的に厳しいと思います(笑)。

カランメソッドは、向き不向きのあるメソッドですが、もしカランメソッドが自分に向いていると感じたら、ネイティブキャンプで受けるのが効率的だと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。ネイティブキャンプはとにかくコスパがいい
無料体験レッスンだけでもたっぷり話せますし、先ほど言ったとおり、日本人によるカウンセリングもあって安心なので、オンライン英会話に興味のある人はぜひ!

【2021】オンライン英会話スクールの無料体験をはしごしてみた!

私が無料体験してみたのは、以下のオンライン英会話スクールです。
ビジネス英語オンリーのところは除いていますが、無料体験が出来て、マンツーマンのところは全て試したと思います。
時には有料体験もしてみながら、本当に良いスクールを探してみました。

 

(体験順)

中でも、本気で継続を検討している5つを紹介します!

 

hanaso

f:id:nattsurun:20210226154126j:plain

 

今のところ、私が一番に継続を検討しているスクールです。

英会話は毎日続けないと意味がないというのが私の持論ですが、hanasoの「毎日プラン」は月額6,578円。

それでいて、講師陣は有能かつフレンドリーで、授業をすっぽかすこともありません。

教材が、私が、英語学習に最も効果的だと考えている「ニュース教材」から、カリスマ英語講師関正生先生監修の「英会話フレーズ」まで充実しているのも◎。

予約がレッスン時間の5分前まで可能・30分前までキャンセル可能なので、本当に忙しい人にオススメのスクールです。

 

ネイティブキャンプ

f:id:nattsurun:20210226154041j:plain

なんといっても、24時間365日予約なしで話し放題がすごい!7日間も無料体験ができるので、その気になれば、無料で168時間英会話レッスンができます(笑)。

月額6480円なので、めいっぱいレッスンを受けると、1レッスン当たりの単価が天文学的に安くなる、コスパ最強のオンライン英会話です。講師の質も、良い講師を選べば問題ありません。

デメリットとしては、モチベーションを維持していないと、逆に「いつでも受けられる」から「今日はいいかな……」となりがちなところです。あと、予約なしでも先生が待機しているので、講師陣の労働環境が心配です(苦笑)。

 

イングリッシュベル英会話

f:id:nattsurun:20210226154607j:plain

ここは、DMEメソッドに興味があって体験してみました。

というか、DMEメソッドに興味があるなら、ほぼここ一択です。

質問するだけじゃなく、先生に質問し返す「DMEスパルタン」バージョンにすることもできます。(体験してみましたが、ふつうのDMEメソッドとあまり印象は変わりませんでした)。

ほかのダイレクトメソッド(英語を英語で教える方法)として、より自然な会話に近い、「スピーク・ユア・マインド」も体験できます。
個人的には、スピーク・ユア・マインドはDMEと普通の英会話の中間みたいな感じで、ちょっと中途半端な印象を受けましたが。

先生方が基本的にオフィス勤務なので、スカイプのつながりもよく、時間になっても連絡がこないというトラブルもありませんでした。講師の質も◎でした。

 

ユニバーサルスピーキング

f:id:nattsurun:20210226155050j:plain

ここは、IELTS特化型のオンライン英会話スクールです。といっても、体験できる回数があまり多くなかったので、「これはIELTSによさそう……!!」という実感はできませんでしたが。

入会すると無料ポイントが1000ポイントもらえるので、一番安いフィリピン人講師がレッスン1回300ポイントなので3回授業が体験できました(ちなみに日本人バイリンガル講師が300~600ポイント、ネイティブは1回1000ポイント)。

所属している講師の数が少ないためか、ほぼ担任制のような感じでした。
一人の先生にお任せして私のニーズに応じた授業をカスタマイズしてもらいました。
フレンドリーかつ有能な先生だったので、体験を終えるのが名残惜しい感じでした。

 

産経オンライン英会話Plus

f:id:nattsurun:20210226155350j:plain

このスクールは、産経新聞社が母体なだけあって、日本のホットなニュースを英字新聞で読め、それを教材にできるのが一番の売りだと思います。

私は、時事問題の議論が大の苦手なのですが、ここのホームページに書いてある通りに予習していったら、きちんと議論ができて感動しました!!

よそのスクールで聞いた話ですが、興味のある記事についてディスカッシヨンするのが、第二言語習得理論的に、最も効果的な単語学習になるんだとか。
確かに、単語帳をパラパラ暗記するよりずっと楽しいですし、エピソードが伴っていたほうが印象に残ります。

「それなら、ニュース教材が充実してる産経オンライン英会話でガンガンディスカッションしてればいいんじゃ……?」と思い、受講を検討しています。
価格は1日1レッスンのコースで月額6,380円です。

 

まとめ

オンライン英会話レッスンを色々体験する中、通信状況があまりに悪かったり、講師が授業をすっぽかしたりと、散々な体験がありました。
その中でこの5つは、私が自信を持ってオススメできるすばらしいオンライン英会話スクールばかりです!
あなたのオンライン英会話スクール選びのお役に立てればと思います。

 

 

 

本を出しました!

f:id:nattsurun:20210226153314p:plain 僭越ながら、2020年10月に電子書籍を出版しました。
タイトルは

英語は20歳になってから!【英語】【勉強】【語学】【ビジネス】: 対策無しでTOEIC930点叩きだした驚愕の英語学習法とは

です。

英語は20歳になってから!【英語】【勉強】【語学】【ビジネス】: 対策無しでTOEIC930点叩きだした驚愕の英語学習法とは


アマゾンの読み放題サービスkindle unlimited(初月無料)に組み込まれているので、よかったらのぞいてみてください。

私が英語をこじらせる前(笑)、英語を素直な気持ちですんなり覚えられた状況を、再現できるようにしてあります。
どんな本か少しだけ紹介しますね。

 

学生時代、英語の成績は伸び悩んでいた

f:id:nattsurun:20210226151955j:plain

私は、題名にある20歳まで、「英語のしくみ」がまるで分かっていなかったため、中学後半・高校時代、英語の成績は伸び悩んでいました。

大学に入って英語学を学んだり、家庭教師として教えるために英語を学びなおして、「ほほー、そういうことだったのか!」となりました。

でも、『英語は20歳になってから!』に書いてある手順を踏めば、誰でも「そういうことだったのか!」と納得できるようになる道筋はつけてあります

 

この本を読めばTOEIC930点レベルの英語力が!

f:id:nattsurun:20210226152401j:plain


言語を覚える能力には個人差はない、というのが言語学の考え方です。

だって「国語力」に差はあれど、
「日本語を覚えるのが得意」とか「不得意」とかは、ないですよね?

この本は、日本語を覚える時に使った「言語習得」の力を、英語を覚える時にも流用しちゃおう、という考え方です。
そのため、人を選びません。

 

おわりに

f:id:nattsurun:20210226152509j:plain

この本を出版できたのも、初心者なっつるんの至らない点を丁寧に指摘し、何度も丁寧にやり取りをてくださった、編集の藤井良平様のおかげです。深く御礼申し上げます。

藤井良平様のブログはこちら↓↓↓
ふ~ちゃん情報局

話題のカランメソッドを受けてみた!(DMEメソッドとの比較もあるよ)

カランメソッドとは

f:id:nattsurun:20210226151145j:plain

カランメソッドは、イギリスのカラン氏が1960年代に開発した英語学習法です。「英語脳」と「英語の瞬発力」が身につき、「普通の学習法より英語が4倍早く伸びる!」というのがウリ文句です。ちなみに、例えば”Do you like tennis?”と訊かれたら、普通は、”Yes, I do."と答えるのが英会話ですが、”Yes, I like tennis.”と答えなければいけない、という変わったルールがあります。

 

カランメソッドを受ける前の印象

……個人的には、「うさんくさいなあ」と思いました(笑)。言語学を学んだ身からすると、ことばは、キャッチボールをして覚えるもの、というのが私の考えだからです。”Do you like tennis?” ”Yes, I like tennis.”では、意味は通じますが、キャッチボール=自然な会話になっていません。

また、カランメソッドでは、とにかく文法的に正しい文(例えば、”I'm sitting on chair.”と言うと、即座に”on the chair."と直されます)が要求されます。 

文法的に間違うことを恐れていては、英会話力は伸びないのでは、と思いました。

 

カランメソッドを受けた印象

なんだかなあ、という感じでした。「一年受けてみた!」とかいうレポートではないので、「これでは英語力は伸びない!」とは断言できないですが。

まず、中学レベルの超基本の英文法と語いの講義が大半を占めるので、「はいはい、そんなの分かってるよ」となります。それでいて超スパルタです。あと、楽しさは1%もありません。

また、1960年代に開発されたメソッドなため、テキストがあまりにも時代遅れなのに辟易しました。もちろん、1960年代の文法をそのまま使っているわけではないのですが、例えば、教師がペンを指でつまんでいるのを見て、「Your pen is hanging between your finger and your thumb.」(あなたのペンは親指と人差し指の間にぶら下がっています。)と答えさせたりする場面があります。これは昔の日本の英語の教科書での、「This is a pen.」に当たるように感じました。「その例文、覚えたところで、どこで使うの?」と思いました。

そしてそもそも、根本的考え方が時代遅れです。

女性を「Ms.」ではなく「Mrs.」「Miss.」で区別する練習をさせられたり、「あなたと私の瞳の色は同じかどうか」答えさせられた時に、違和感を覚えたのですが、どうも特に上級者向けのテキストに、女性差別的・人種差別的表現がちらほら見られるらしいです。

なので、女性として、モンゴロイドとして、「個人的にキライ」です(笑)。

 

カランメソッド、こういう人にはオススメかも!

ただ、ナチュラルスピードをどうしても聞き取れない人や、英語をどうしても和訳して考えるクセのついている人には有効かもしれないと思いました。あとは、スパルタ式訓練に耐えられる人や、英語学習に楽しさを求めない人なら、アリだと思います。

 

DMEメソッドも受けてみた!

f:id:nattsurun:20210226151331j:plain

また、カランメソッドと似ているけれど、「文法や語いが時代遅れ」という問題をクリアしているメソッドとして、よく比較対象に挙げられる、「DMEメソッド」も体験してみました。

 

DMEメソッドとは

DMEメソッドは、カランメソッドと同じ、ダイレクトメソッド(英語で英語を教える手法)から派生した、きょうだいのような英語学習法です。しかし、内容が、より現代的で、実践的なエクササイズが含まれているとして、近年注目されています。日本のオンライン英会話では、イングリッシュベルで無料体験することができます。

 

DMEメソッドを受けた感想

体験した感じとしては、カランメソッドと大体同じ印象でした。ただ、カランメソッドと違って、自分に合ったレベルからではなく、必ずレベル1から始めるので、かなり物足りなさを感じました。

カランメソッドとの差別化として挙げられる、コミュニケーションエクササイズの効果はよく分かりませんでした。「Are you a woman?」と聞かれて、「Yes, I'm a woman.」と答えた上で、「Are you a woman?」と聞き返す練習です。この時は相手が女性の講師だったため、「Yes, I'm a woman.」と答えが返ってきました。果たしてこれがコミュニケーションの勉強になるのかどうか……。

ただ、もう一つカランメソッドとの違いとして挙げられている、「内容が常にアップデートされている」というのは感じました(「nurse」のイラストに男性が使われているなど)。

現時点では継続する気はありませんが(楽しくないので)、英語力が伸び悩んだら、カランメソッドではなく、DMEメソッドの方を頑張ってみようかな、と思いました。

 

まとめ

カランメソッド・DMEメソッドともに似たような印象でした。

お安く受けるならカランメソッド「時代遅れな英語」を回避したいならDMEメソッド、といったところでしょうか。

どちらにしても、かなり人を選ぶ学習法だと思うので、ネイティブキャンプの無料7日体験などでガンガン受けて、自分に合うかどうか試してみると良いと思います。

自己紹介~なっつるんってこんなヒト

はじめまして。アクセスありがとうございます。なっつるんと申します。

 

私は、東北大学大学院で言語学を勉強し、「どうしたら日本人が手っ取り早く英語を覚えられるか」に興味を持って研究していました。

 

一応、少しずつですが、英語で論文を書いたり学会発表してましたし、その当時のTOEFLのスコアは603点を記録しました(アメリカの大学院に問題なく留学できるレベル)。

 

英語を中心として家庭教師業・予備校教師業でわりといいお給料をもらい、生徒さんからは、「先生は私の女神様です!」とか言われたりもしました(笑)。

 

 

アカデミック・ハラスメントを受けてうつ病

f:id:nattsurun:20210226151436j:plain

しかし、大学院当時の私がハッピーな生活を送っていたかというと、そういうわけではありませんでした。

私の指導教官は、「指導」教官とは名ばかりで、私のために何かしてくれたことはありません。
何もしてくれないのに、ひたすら用事を押し付けられて、私は深夜まで研究と勉学漬けでした。

そして連日、実験動物のようにMRIに閉じ込められました。

何より決定的だったのが、お酒の席でつい口が滑ったのか、「お前の論文なんて誰も読まないもんな、ハハハ」と笑い飛ばされたことです。

大学をやめたいと行っても許してすらもらえず、私はとうとううつ病になってしまいました。

 

仕事

f:id:nattsurun:20210226151539j:plain

うつ病の人は気になるかもしれないので書いておきますね。
今、私は回復期にあり、障害年金をもらいながら、副業でライターをしています。得意分野は、英語学習です。
2番目に得意なのは、美容です。ちなみに、ドラゴンボールメディアでも記事を書いています(笑)。

でも、アイデンティティーとして、「私は英語学習ライターだ」と思っています。
それなのに、今の私は英語が思うように使えません。

大学在学当時は、必要に迫られて、英語でたくさん論文を読んだり書いたりして、短期留学もしたので、割とあっさり英語を覚えることが出来ました。

しかし、そんな生活から離れて数年が経つと、英語があまり使えなくなりました。

 

TOEIC事情

f:id:nattsurun:20210226151625j:plain

私は、英語力が落ちてしまっていた数年前にも、TOEICで860点をマークしたことがあります。
正直その時の実力は、TOEICにして600点程度だったと思います。一夜漬けならぬ一ヶ月漬けで、偶然に近い形でなんとか860点を撮った感じです。

しかし、一夜漬け的学習だったので、当然英語力はみるみる落ちました。
アプリ「英語能力診断」を受けたところ、今の私のTOEICスコアは600点ほどと出ました。

大学院時代(ピーク時)は、TOEICリニューアル前とはいえ、スコアは930点。
正直、もどかしい思いでいっぱいです。昔はスタスタ歩けたのに、今は足がもつれて歩けないような気分です。

英語学習ライターなのに英語が話せないでどうするんだ、情けない、と思います。

そこで、真剣に英語を勉強し直すことに決めました。当面の目標は3ヶ月以内にTOEICで800点台を取ることです。

でも、前回のように、英語力UPを一瞬で終わらせたくはありません。TOEICで点数を取って終わり、という考え方も、好きではありません。英語を手足のように意のままに使い、さらに英語力を維持していくのが目標です。

 

このブログでは…

  1. 初心者の方向けに、私が英語を覚えるに至った道すじを紹介します。
  2. 英語中級者としてのTOEIC奮闘記を綴っていきたいと思います。

私が英語学習の手段として考えているのは次の3つです。

  • オンライン英会話
  • オンラインコーチン
  • 英語学習アプリ

そのほかにも、元研究者だからこその視点で皆さんの英語学習をサポートしていきます。
一緒に頑張りましょうね!